Link to this episode (podcast)

[Script]

こんにちは。日本語コーチのmanoです。お元気ですか。
このPodcastでは、日本語のいろいろな表現を紹介します。このような表現を知っていると、相手が言っていることがもっとわかるようになり、あなたが言いたいことがもっと言えるようになります。

今週は複合動詞を紹介します。複合動詞というのは、2つ以上の単語が1つになってできた動詞のことです。
今日の複合動詞は「響き渡る」「響き渡る」です。

「響き渡る」は、「響く」と「渡る」という、2つの動詞からできています。
この「響き渡る」は「音や声が、広い範囲に響く」という意味です。
実際の音や声が響くだけでなく、情報や噂がみんなに広く伝わるという時にも使います。

例文です。
1 合唱団の歌声が、会場に響き渡った。
2 山の頂上で「やっほー」と言ったら、周りの山にその声が響き渡った。
3 彼女の噂は、町中に響き渡っている。

いかがでしたか。次回も複合動詞を紹介します。では、きょうはこのへんで。さようなら。