Link to this episode (podcast)

[Script]

こんにちは。日本語コーチのmanoです。お元気ですか。

このPodcastでは、日本語のいろいろな表現を紹介します。このような表現を知っていると、相手が言っていることがもっとわかるようになり、あなたが言いたいことがもっと言えるようになります。

今週は、物の数え方を紹介します。日本語では、物の数を言う時に、数字のあとに、数える物の種類を表す言葉をつけます。

今日は「粒(つぶ)」を紹介します。米や豆など、丸くて細かいものを数える時に使います。

では1から10まで数えてみましょう。

1粒(ひとつぶ) 2粒(ふたつぶ) 3粒(さんつぶ) 4粒(よんつぶ) 5粒(ごつぶ)

6粒(ろくつぶ) 7粒(ななつぶ) 8粒(はっつぶ) 9粒(きゅうつぶ) 10粒(じゅっつぶ)

例文:お米を一粒も残さずに食べました。

いかがでしたか。明日も物の数え方を紹介します。では、きょうはこのへんで。さようなら。