Link to this episode (podcast)

[Script]

こんにちは。日本語コーチのmanoです。お元気ですか。

このPodcastでは、日本語のいろいろな表現を紹介します。このような表現を知っていると、相手が言っていることがもっとわかるようになり、あなたが言いたいことがもっと言えるようになります。

今週は、物の数え方を紹介します。日本語では、物の数を言う時に、数字のあとに、数える物の種類を表す言葉をつけます。

今日は「玉(たま)」を紹介します。キャベツやメロンなど、丸い食べ物を数える時に使います。

では1から10まで数えてみましょう。

1玉(ひとたま) 2玉(ふたたま) 3玉(さんたま) 4玉(よんたま) 5玉(ごたま)

6玉(ろくたま) 7玉(ななたま) 8玉(はちたま) 9玉(きゅうたま) 10玉(じゅったま)

例文:このトマトは3玉で200円です。

この「玉」は、うどんやラーメンなどの麺を数える時にも使います。スープやつゆに入る前の麺の固まりを数えます。

例文:おなかがすいたので、ラーメンを1玉、追加で注文します。

いかがでしたか。明日も物の数え方を紹介します。では、きょうはこのへんで。さようなら。